*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
箱根湖水祭
名称未設定 1のコピー

DSC_0374のコピー

DSC_0389のコピー

箱根の湖水祭に行って来ました。
7月31日~8月5日まで、芦ノ湖周辺では毎日
お祭りが行われています。
その第一日目が、8月1日の箱根神社例大祭の宵宮として
執り行われる湖水祭です。
母の実家が、箱根神社のすぐ近くということもあり
子供の頃から行ってはいたんですが
花火の記憶しかなく(笑)
こうしてあらためて歴史深い伝統祭事を見たのは
初めてで、すごく感動的でした。

このお祭りの起源を知ると、とても神秘的で歴史の重みを感じる
ことができます。

more のほうに追記しますね。
DSC_0412のコピー

DSC_0436のコピー

DSC_0466のコピー

DSC_0595のコピー

DSC_0612のコピー

湖水祭の起源とは・・・
昔、九つの頭を持つ毒龍が人々に危害を加えていたところ
箱根大神の大きな霊力を授かった万巻上人が
荒れ狂う毒龍を調伏し、芦ノ湖の九頭龍神として
蘇らせたことに始まるそうです。
それから1253年もの間、毎年 箱根神社例大祭の
前日の夜に湖水祭が執り行われ、湖心に御供(三升三合三勺の赤飯)
が献げられているということです。

箱根神社で儀式が執り行われ、御供を運ぶ行列は
ゆっくりと神社の参道を進み、湖の方へと向かいます。
そして、三艘の御供船、楽船、御伴船が湖へと出て行く
姿は、とても幻想的です。
先頭の御供船は、宮司さまが1人で御供を捧げるために乗る船で
楽船と伴船は見送りで途中まで行きますが
その先は御供船しか行くことができず、
誰にも見られず宮司様が1人で御供を捧げる儀式をされるそうです。

そしてそのあと、たくさんの灯篭が湖に浮かびます。
陽もとっぷりと暮れた頃に、御供船が無事、桟橋に
戻って来て、
イルミネーションに彩られた数々の観光船や海賊船、
ゆらゆらと浮かぶ灯篭の灯りの中、
花火が始まります。

昔は、お祭りの意味など知らなかったけど
こういう話を知って、とても由緒あるお祭りなんだなぁって
思い、湖水祭が好きになりました。

町に揺れる提灯の古さが
さらに歴史の深さを感じさせてくれる
箱根のお祭りです。

--私事ですが、どうもこの湖の桟橋の風景が
千と千尋の神隠し の一場面と
かぶるんですよね~(笑)--

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

箱根神社での儀式は1253年時を経て素晴らしく
湖水での神事はまた神秘的です
写真がいずれもとても素晴らしく綺麗です。
日暮れ時にこんなに綺麗に撮れる にこさんは素敵です。
羨ましくもおもえます。教えて頂きたいほどです。
居ながらにして「湖水まつり」結構なものを見せて頂きました♪
8月1日の箱根神社例大祭の宵宮なんですね。
ありがとうございました。
ciaoさん^^
ありがとう♪
この神事はとても神秘的ですよね~。
なんだか感動的でしたよ^^

7/31~8/5までは、箱根の夏祭りウィークで
毎日お祭りがあるんです。去年は4日の龍神祭に行きました。

夕暮れ時の撮影は、三脚が必要で
三脚をカメラに付けたまま走ってました(笑)
行列が進んで来るので、ドキドキしながら
撮っていましたので大変でしたよ~。
ISO感度を上げれば撮りやすくなるんですが
低めに設定したので、シャッタースピードもけっこう遅く、人の動きがぶれてわかるような感じで撮れました。
花火はBulbで、シャッタースピードを自分で調節しながら撮ったんですが、打ち上げ花火が霧に隠れて残念だったので、水上花火だけかろうじて撮れたという感じです。
毎年行きたいなぁ~って思うお祭りでした^^

歴史深い伝統祭事

1253年もの間,脈々と受け継がれてきた伝統祭事ですかぁ~
すごいなぁ~!
白装束の方達が、イニシエの方のように見えてきました。
さすがに北海道は、そのような長い歴史を受け継いできたものはないです。

夜の撮影は大変ですよね。
そういうと最近撮ってないなぁ~
くぅさん^^
ありがと~♪
数字で1253年って見ても、なんだか最初は
実感がなかったんだけど
考えてみたらすごい年月だよねぇ~。
人間がずっとその儀式を大切に守ってきて
今も続いているってところに重みが感じられるよね。
この行列の中には、有名な俳優さんもいたんですよ。
きっと深く信仰しているんでしょうね~。
目の前で見たこの伝統祭事があまりにインパクトが
強くて、今もボーっと思い出してしまいます(笑)

夜の撮影は三脚必須なのでバタバタしちゃいますねw
レンズを通して見ている時間の方が
圧倒的に多くて、どっちが良いやら(笑)
やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集 第2章


presented by 地球の名言
最近の記事
プロフィール

nico

Author:nico
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。